読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

25.5張り目(テクニファイバー NRG2 1.24mm/トアルソン バイオマルチ128)

f:id:toshitama:20160229171548j:image

 

ストリンギングMemo

ラケット:プリンス EXO3 BLACK104

張り方:2本張りのハイブリッド。クロスは上から。

テンション:45/44ポンド

ノット:パーネルノット

張り時間:?分

110mロール:使用6.5回目(17本分 ※27インチラケット換算)

特記:ブーメランツールを使用

 

toshitama.hatenablog.com

 

上記のように、クロスのノット時に切ってしっまい、駄目元で結んで試し打ちしてもったのですが・・・やはり「駄目」でした。
 
打球感などにはコダワリの無い妻でも「なんか変・・・」と言うのですから、相当に変なんだと思います。って、当たり前ですね・・・(^-^;;
 
 
と言う事で、手持ちのバイオマルチでクロスのみ張替えました。一応、小さなノッチを避けるため裏表(編み込みの上下)を反対に張って工夫してみました。
 
ナイロン、ナイロンのハイブリッドです。
 
意味あるのかは不明ですが、結構良い感じに仕上がったと思います!(^^
 
 
あと、ちょっとした気付きとしては、クロスを切ってメインのみ残した状態でテンションをチェックしてみると、サイドに比べてセンターのストリングは結構緩んでいました。
 
ただ、同じテンションを掛けて張り上げていますが、ストリング長が違うので、緩んだというか、もともとそういうものなのかもしれません。
 
こういうところに拘っていけば、色々なセッティングが出来るんでしょうね〜。