「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン191、192回目(力強さ、リターン、サーブの手応え)

191回目 中上級 AMコーチ 参加者:6名

192回目 トーナメント ALコーチ 参加者:6名

 

今回はレッスンが6名という事で、久しぶりにちゃんと打てた感じがしました。

 

やはり、ボール2カゴ(スーパーの買い物かごサイズ)のレッスンでは6名までが限界ですね。それ以上だと、全然打てないです・・・。

 

コーチが固定で相手をしてくれるならば、固定に入った際にはきっちり打ち込めますが、生徒同士だと、細切れの数分のローテーションでは調整がままなりません。

 

特に中上級のポイント練習では半面ずつ行われるので「待ち」があり、時間が勿体ないです。同時で行きましょうとコーチに相談してみようと思います。(※トーナメントクラスでは同時にやってますので沢山打てます。)

 

最後のゲームも今のやり方だとサーブやリターンが同じ人に偏ってばかりなので、残り時間に合わせて「タイブレーク式」にするなど、満遍なくサーブやリターンなどが打てると良いと思います。

 

ストレッチも各自でやるので、もう少ししっかり打ち込めるように拘ったメニューが欲しいですね。

 

何年か前に張り出されたままの課題、それを形上取り入れるだけの、目的の薄まったメニューはもう意味ないと思います。

 

一層の事、オールポイントとか、オールラリーとかの方が有意義かも!?

 

まあ、色々な意見があり、経営の問題もあり、私1人の意見を聞く訳にも行かないと思いますので、まずは相談ですね!

 

 

力強いストローク

トーナメントクラスを受講してから、長らく力任せのショットを「封印」していたのですが、「正しい体の使い方の力強いショット」を試していこうと思いました。

 

あと、フォアをオープンスタンスで打つ際に左足のつま先を横にしてしまうのを、真っすぐ(ベースラインに対して直角)にする事も。

 

結果としては、「まあまあ良い感じ」でした。まだまだ、力任せになってしまう事もありますが、手応えも出てきています!(^^

 

ポイント練習でも、久しぶりに「ぐわっ」と食い付くフォアハンドが打てて気持ちよかったですし、相手を下げる事も出来ました。

 

あとは、そこから「前」に出る動きです。

 

ボレーのアングルも狙い通りに打てたりと、練習の成果も出つつあります。

 

リターン

リターンのスプリットの際、ちょっと踏ん張り過ぎていたので、軽やかにニュートラルに改善したみたところ、「かなりの余裕(間)」が生まれました!

 

これ、ついに掴みかけるかもしれません!?

 

 

サーブ

まだ右腕(右脇)が狭いのですが、トス位置を前方高めにして、縦回転を意識して、高い打点を再開させたところ「バウンド後に伸びる(跳ねる」サーブが打てました。

 

もう、少々フォームに課題があっても開き直って振り切って行くと、コントロール、球威共に良い感じです!

 

春になって、調子も上向きです!(^^

 

 

 

ラケットの状態

  • PureStrike Tour(張上日:10/30、使用回数:4回、累計時間:5.5h)
  • VCORE Tour G(張上日:2/26、使用回数:6回、累計時間:9.0h)

 

55ポンドとテンションを高くした為か、強めに打つと良い感じです。