読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2016 ジュニアテニス選手権大会(12歳以下男子シングルス)

a.息子テニス試合日記 c.子育て a.息子テニス動画

さて、2年生最後の大会に出場してきました。

 

1回戦の相手は小学4年生、結果は・・・・7-6(7-5)で初勝利です!(^^ 

 

勝ちが全てではありませんが、ようやく勝てました。

 

タイブレークでの勝利で、本当にギリギリの勝利ではありましたが、息子もかなり喜んでおりました。

 

ちなみに2回戦はシード選手との対戦で0-6での完敗でしたが、早い段階からスライスでのリターンを試みたり、ドロップ打ったりと、息子なりにはチャレンジしていたのが印象的でした。

 

そして、この相手選手がジュニアっぽくない将来が楽しみなテニスをする子で、非常に上手でした。

 

更に礼儀正しく好青年!!! ファンになりましたね!!! (^^

 

1回戦の流れを振り返ってみる

レシーブからのスタート。

 

0-1(ブレイク出来ず)

0-2(サービスホールド失敗)

 

1-2(ブレイク成功)

2-2(サービスホールド成功)

 

3-2(ブレイク成功)

3-3(サービスホールド失敗)

 

3-4(ブレイク出来ず)

4-4(サービスホールド成功)

 

4-5(ブレイク出来ず)

5-5(サービスホールド成功)

 

5-6(ブレイク出来ず)

6-6(サービスホールド成功)

 

1-0

1-1

2-1

3-1

3-2

3-3

4-3

4-4

5-4

6-4

6-5

7-5

 

確か、こんな感じだったと思います。

 

1回戦の流れを振り返ってみる

これまでの息子自身の反省から初めてウォームアップを入念に行ったのですが、その時から調子は良さそうでした。

 

それでも、始めは調子が良かったにも関わらず不運なジャッジもあって流れをみすみす逃しそうになっていましたが、相手の緊張を感じ取ったのか、対策を実行して挽回できた所に成長を感じました。

 

特に、ここは重要というような場面でも、これまでのように緊張で硬くなってしまう事無く、楽しんで攻められていましたし、自信を見失っていなかったように思います。

 

有利な展開で自ら攻めて勝ちたかったようですが、そこではミスで自滅していました。いつもならここでガタガタと崩れていってしまうのですが、今回は次のゲームではしっかりトップスピンで繋いだり、スライスでペースを落としたり、アプローチからボレーに出たりと、最大限のリスク(チャレンジ)をおかしつつ、堅実に挽回させていくような工夫が見られました。

 

今まではこれが出来なかったので、大きな大きな成長でした。

 

もう、見ている方もドキドキの展開でしたが、この追う展開の中でビビらずによく集中し切ったと思います。

 

たった1試合ではありますが、これまでの「負け」があり、そしてこれまでの「練習」があっての今回の「勝利」なので、とてつもなく貴重な経験を得る事ができたことは間違いありません。点と点が線となって繋がり始める事でしょう、きっと。

 

試合後も「めちゃくちゃ緊張した。」と語っていましたので、そのプレッシャーの中であれだけ動けていたと思うと、相当成長したんだなと。

 

そして、試合を通して感じた事は「基礎技術」が上達したなという事です。

 

やっぱり練習は嘘をつかないものですね。

 

「上手さ」が「強さ」の方向に向けてジワジワと流れていっているのですね。

 

他にも、ボール2球分くらいの「イン」を「アウト」と判定された際には、相手が2学年上でもちゃんと主張する事ができました。

 

ただ、相手のコール間違いを聞き逃したり、ポジションの間違いを指摘できなかったりと、反省もありますが、自分の世界に集中している姿は頼もしくも感じました。

 

※ジュニア選手は「嘘」を言っているのではなく、心理的な要素と身体的な能力の面から「本当に見えていない(そう見えている)」というのが分かります。だからこそ、メンタルを上手にコントロールして引きずらない、切り替える、そういった事も大切になってきますね。

 

ともかく、この勝利で何倍もテニスが楽しくなった事だと思いますので、また次の課題に向けて楽しんでやっていって欲しいと思います。

 

(^^/

 

 

 

【追記】

youtu.be

 

ドロップショットが上手く決まりました。