読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン195、196回目(ボールが4個に見える。)

a.私テニス日記

195回目 中上級 AMコーチ 参加者:7名

196回目 トーナメント ALコーチ 参加者:4名

 

今週は色々な側面でハードな短期海外出張があり、疲労困憊な状態でのテニスだった為、ボールが4個に見えました。

 

反応も遅く、横に入れず真っすぐに下がってしまうので、打点が近過ぎました。コーチにも一つも誉められず、初歩的なアドバイスを沢山頂きました。とほほ。

 

中上級クラスでのポイント練習

繰り返し、繰り返し、シングルスのポイント形式をやらせて貰え、一つ課題を発見する事が出来ました。

 

ディフェンスを固める意識でやると逆にミスが多くなるのですが、その原因は「レディーポジション」でした。

 

つなぎを意識して打つと、その直後は「棒立ち」になってしまっていました。その結果、次の動きも惜しく、腰高のショットでミスという流れです。

 

あまりに上手くいかないので、一度「気合い」を入れてディフェンスしてみたのですが、自然と腰を落とした自分に気がつきました。

 

そこで、攻め込まず、ディフェンスに徹して腰を落として反応だけを早くするようにした所、ポイントは取られはしましたが、そこそこ良い形でのディフェンスが出来ました。

 

これですね。

 

ガンガン攻め込む時は力も入って、動きも良くなるのでミスも減るのですが、守りとなると全てがトーンダウンしてしまうのです。

 

「積極的に守る」という事が出来ない、典型的なスクール中級レベルプレイヤーですね。

 

 

トーナメントクラスでは「我慢する」

トーナメントクラスでは以前より上記の課題を繰り返し、繰り返し教わっています。

 

って、全然吸収できていないのですが・・(^^;;

 

ここの所はボレーばかりだったのですが、今回は久しぶりにストローク練習がありました。

 

恒例の5分間我慢ラリーです。ハードヒット厳禁で何を打たれてもひたすらコーチに返球するのですが、本来は5分間ノーミスで終えなければなりません。

 

しかし、今回はミスが多かった・・・(T、T

 

疲れからボール見えない、反応が遅い・・・というのは「言い訳」なのですが、全然駄目でした。

 

次回こそは頑張るぞ!

 

 

後はサーブ・・・。自分的には悪くないですが。

 

苦手な大きくて柔らかい動きを取り入れてレベルアップを目指すか、それとも自分に合ったコンパクトでクイックで硬いサーブで妥協するか・・・。

 

悩ましい所です・・・。ジレンマです。

 

 

ラケットの状態

  • PureStrike Tour(張上日:10/30、使用回数:4回、累計時間:5.5h)
  • VCORE Tour G(張上日:2/26、使用回数:10回、累計時間:15.0h)

 

やはりフラットは良いですが、スピンがかかり辛いストリングでしたね。

 

テンションも高過ぎました。