読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

KIDS TENNIS CUP 30に出場してみました。

f:id:toshitama:20160417150442j:plain

f:id:toshitama:20160417144730j:plain

 

f:id:toshitama:20160416190914j:plain

はじめに(キッズテニスカップ30)

普段、同い年の子(8歳)とテニスをする機会が全く無いので、8歳以下(under)の部に思い切って参加してみました。

 

大会の概要として、まずは予選として4名または3名総当たりのグループリーグ戦を行い、上位2名が本戦トーナメントに行けるというものです。

 

試合方式はグリーンドットボールを用いたノーアドバンテージ4ゲームショートセットの3セットマッチ(4−4レギュラータイブレーク、ファイナルセットは10ポイントタイブレーク)。

 

日本全国から、そして台湾等海外からの参加者もあって、賑やかで素晴らしい大会でした!(^^

 

主催者を始めスポンサー様、ボランティアの方々、そして参加者の皆様、ありがとうございました。

 

試合の結果など

  • 1試合目 0-4、0-4 
  • 2試合目 1-4、0-4
  • 3試合目 0-4、1-4

 

3戦全敗という結果でした。

 

1試合目はアドレナリンが出過ぎて力でねじ伏せようとして自滅し、3試合目は勝ちという結果が欲し過ぎて緊張でガチガチになっていました。

 

2試合目は出だしは「絶好調!」でフットワークも良く、100%以上のパフォーマンスでサービスキープに成功していましたが、その後はいつもの調子に急降下してしまいました。

 

3試合を全体的に見て上手く打てた時の単発のショットでは大きな差はないものの、勝敗を左右する「その他」つまりテニスを構成する重要な部分での差が相当大きかったなと思いました。

 

そして、その足りない「その他」の部分は普段から全く練習していない事、レッスンメニューでもその段階に入っていない事にも改めて気が付きました。

 

練習していない事が試合で突然出来る訳はありませんね〜。

 

ちなみに「その他」を具体的に書き出すとこんな感じです。

 

  1. サーブ
  2. 動きながらの守備的なショット
  3. コートカバーリング(動きだしを含む)
  4. 展開や流れの理解
  5. 自信

 

そうそう、大会開始前のコート開放で今大会3位になったSM君と4ゲームだけ練習試合をしてもらったのですが、その時のパフォーマンスが最高だったと思います!(^^

 

1-4で負けましたが、非常にリラックスしつつも集中していて、動きが速かった!

 

時々出現するこの『謎のパフォーマンス』が意図的に出せるようになってくれればなと、そういう風に練習していかねばなと思う所です。

 

ここは「伸び代」という事でポジティブに考えようと思います!(^^

 

参加しての感想など

まず、ローカルな県のローカルなテニススクールにいる我が家にとって、少しでも「外の世界」を見て感じられた事は大きな大きな収穫でした。

 

8歳以下や10歳以下がどんなレベルなのか?を感じたかったのですが、想像以上にレベルが高くて驚きました。皆本当に上手で強い!(^^

 

チャンスボールをしっかり打ち込むし、守る所は守るし、ポイントによって精神的な駆け引きもやってるし、8歳でここまで完成しているのか〜と感じました。

 

10歳以下なんて更にテニスとして完成していた印象で、クレーだとラリーが拮抗するので容易に責める所が無く緊張が凄かったです。

 

 

そこから見るとうちの息子はまだまだ試合をやる段階には無いなと思いましたし、勝てるはずはありませんね。

 

勝ちは求めていないので本来はそれで良いのですけど、良い意味で「欲」がリセットできて、冷静に戻る事が出来ました。

 

先程も書きましたが、練習でのミスと試合でのミスは似通っています。

 

試合で必要な事を普段しっかり練習しなくてはいけませんし、試合参加はそこを刺激するだけで十分ですね。

 

週2回の練習をいつ増やすのか?どのように増やすのか?または増やさないのか?・・・この辺りは結構難しい問題があるのですが、2年後の10歳時には一通り試合で出来るテニスになっているようなイメージで目標を立ててみようかと思います。

 

最後に

今回、初対面にも関わらず練習を一緒にして下さったM家さん、対戦後もずっと相手をして下さったI家さんには特にお世話になりました。

 

ここで書いても全く意味はないのですが、親子共々本当にありがとうございました!(^^

※Mパパさんに何度かメールしたのでがエラーになってしまっていて、届いたかな?

 

 

ジュニアテニスの世界について色々と貴重な情報を教えてもらったり、普段の練習の事を教えてもらったり、はたまた子育の事を教えてもらったりと、本当に有意義で楽しかったです。

 

息子もSM君、SI君、SI君お兄ちゃんという友達が出来て、ダブルスも沢山してもらって本当に楽しそうでした!

 

親としては社交性の低い息子がテニスを通じて楽しんで交流を深めて行く姿を見る事が出来て嬉しかったです。

 

最後の最後に久しぶりに息子のヒステリーが爆発してI家の皆様には本当にご迷惑をおかけしました、すいませんでした。

 

何でも良いから目先の「勝ち」という結果が欲しくなった息子の弱さなんですよね、これ。

 

プロセスや内容じゃなくて、手っ取り早く安心満足したいんです。外を見て、レベル高くて、そこで勝ちが目の前にまで来て、他力で良いから勝ちが欲しかったんでしょう。自分のミスで勝てなかった事を認めなくてはいけません。

 

テニスって厳しいスポーツですよね、本当に。だから楽しいのですが!(^^

 

 

 

また来年、再会できると良いなと思っています。それまでに少しでも追いつけるように、しっかり練習を継続しなくては〜!(^^