「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン203、204回目(膝痛は筋力不足だった・・)

203回目 中上級 AMコーチ 参加者:8名

204回目 トーナメント ALコーチ 参加者:6名

 

膝痛は・・・

何とか歩く分には膝の違和感が薄まったのでレッスンを受けてみました。

 

怖々と中上級を受けてみましたが、基本的には痛みもなく終える事が出来ました。

 

しかし、トーナメントクラスの際、フォアバックのワイド4本打のメニューがあるのですが、フォアを打ってバックサイドへ切り返す際に例の痛みが少し再発しました。

 

どこが、どう痛いのかが特定できました。

 

その後も様子を見ていたのですが、切り返しの動き以外は特に問題ありませんでした。

 

最終的には分かったのは、最近スクワットやジョギングを全くやっていなかった事による膝周辺の筋力低下が原因だったという事です・・・(^-^;

 

腹筋サボると腰痛が再発するのと同じ感じですね。

 

風呂上がりの数分のストレッチとスクワットがこんなに意味があったとは驚きとともに、反省です。

 

ALコーチも動きをチェックしてくれていたようで、レッスン直後に「少しトレーニングすれば大丈夫。走ってください。」と言われてしまいました・・・。

 

動きで分かるコーチの目って凄いですね。本当に良く見ていてくれていて、頭が下がる思いです。

 

テニスの調子

フットワークをサボっていたり、膝も痛めていたので、打点がバラバラで調子は良くありません。

 

しかし、プロネーションの使い分け、トップスピンとフラットの打ち分けなど、色々と分かってきた事も多いです。

 

バックハンドはフラットメインだったのですが、右手のグリップを少しだけ厚くしてトップスピンにも挑戦してみました。

 

これがなかなか良い感じでした。

 

AMコーチがボールを2カゴから3カゴ近くに増やしてくれ8名でも多めに打たせてもらえたお陰です。

 

この少し多く打てる事で、グリップやスイングなど色々なチャレンジをしてフィーリング調整が出来るので、大きな違いになるんです。

 

コストを掛けずとも満足度やサービス品質を大幅に上げる事ができるという典型的な好例かと思います!

 

 

 

さて、今週はリハビリ期間と言う事でしたが、普段のトレーニングを再開させて、真面目に頑張ろうと思います!(^^

 

 

 

ラケットの状態

  • VCORE Tour G(張上日:4/1、使用回数:2回、累計時間:3.0h)
  • PureStrike Tour(張上日:3/29、使用回数:7回、累計時間:9.15h)