「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン208、209回目(ウルトラ100での初ラリーなど)

208回目 中上級 AMコーチ 参加者:4名

209回目 トーナメント ALコーチ 参加者:5名

中上級クラス ULTRA100で初ラリー

中上級クラスではULTRA100で初ラリーを行ったのですが・・・全然合わない!?(T、T

 

あれだけ打ち易いにも関わらず、動きの中でのフォアハンド(リターンも)だけがどうしても上手く打てませんでした。

 

AMコーチからも「スイングを探っているような感じで、いつもよりかなりスイング速度が遅いですね。」と。

 

実際、フェイス100の影響か、中厚の影響か、バランスやSWの影響かは分かりませんが、ラケットが加速させられず妙に振り抜きが悪く感じられてしまいました。

 

球出しだと上手く打てるのですが、ん〜何故だろう???

 

かなり打ち易かっただけにこれは想定外で、ULTRA100挫折しそうになりました。

 

試しにPureStrikeに持ち替えてみた所、メチャクチャ振り抜きが良いんです!?

 

それにボールをスコーンとクリーンに打ち抜けるので気持ち良い!!!

 

って、あかんやん!(T、T

 

まあ、疲れがどっと溜まっていて身体のキレが悪過ぎただけなのか・・・。

 

あと、最近は「眼精疲労、肩こり、偏頭痛」などが酷く、ボールもぼやけて見えないので、そろそろ眼科か眼鏡屋さんに行かないといけないのかも知れません・・。

 

老眼?遠視?乱視?・・・今までは目の悩みは無かったのですが、流石に何か対策をしなくてはいけないような気がしてきました。

 

 

 

トーナメントクラス

ULTARA100のアジャストに苦しんでいる事をALコーチに相談すると「振り抜きは関係ない。」とあっさり。

 

へ?という感じでしたが、聞いてみると「今までのラケットよりもボールが飛ぶので、フェイスのクローズを早めに(確実に)しないといけない。それをやらずにロングアウトをスイングで調整しようとするから振り切れない。」という理屈でした。

 

目から鱗!?

 

今回はバックハンドスライスのメニューが中心でラリー練習はあまり無かったのですが、その意識で振っていくと、確かに昨日の苦悩はかなり低減され「使えそうだな!」という感覚が蘇ってきました。

 

ボールを潰して打ち抜くラケットではなく、掴んで放り投げるような感じの守備型ラケットではありますが、これを使いこなせればクレバーなテニスが出来ると思います。

 

一瞬、本当に挫折しかかりましたが、もう少しチャレンジを継続していこうと思います。

 

はてさて、どうなるかな〜。

 

 

ラケットの状態

  • ULTRA100(張上日:5/14、使用回数:3回、累計時間:4.5h)
  • PureStrike Tour(張上日:3/29、使用回数:8回、累計時間:10.0h)