読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン210、211回目(ULTRA100へのアジャストに苦しむ・・・)

a.私テニス日記

210回目 中上級 AMコーチ 参加者:7名

211回目 トーナメント ALコーチ 参加者:5名

 

ラケットへの適応を探る

体調も思わしくなかったのでラケットへのアジャストだけを考えて軽くやりました。

 

中上級ではフェイスの開きに注意しながら打った所、ある程度コントロール出来るようにはなってきましたが、自分の感覚を補正しながら打つので、結構疲れますし、気持ちよくありません。

 

そして、ピンポイントで狙っていくショットが難しく、フラットドライブではなく、トップスピン主体のスタイルに変更する必要があります。

 

そして、やはり全体的にボールが軽く、それを補う為にはかなりフルスイングし続ける必要もあります。

 

あらま? 楽(らく)出来るようで楽できないラケットですね・・・。当初の目論見が外れてきました・・・(^^;;

 

そこで、ラケットの2時と10時の位置にレッドテープは張って、ヘッドの走りを改善してみました。

 

これでフォアハンドが少し改善されましたが、スピン主体のラケットフィーリングは変わる事はありませんでした。

 

また、今回も「グリップ3」を購入したのですが、バボラに比べてやや太く、またULTRA100はフワフワしたウレタン?グリップになっているため、ヘッドを効かせ辛い事もあります。

 

という感じで、トップスピンを主体にしっかりと組み立てるシングルスや、ヒッティングパートナー的に返球していくには使えるかもしれません。一方、コースを狙って打ち抜いて行くダブルスには合わない気がします。

 

シングルスで使った事がないので何とも言えませんが、好みとしてはピュアストライクのような振り抜きが良く、打った分だけ素直に飛んでくれるラケットが好きな事が分かってしまいました・・・。(補正が効き過ぎるラケットは苦手)

 

となると、ティエムのProject one7の発表を期待するか!?

 

 

 

ラケットの状態

  • ULTRA100(張上日:5/14、使用回数:5回、累計時間:7.5h)
  • PureStrike Tour(張上日:3/29、使用回数:8回、累計時間:10.0h)