読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

韓国国際ジュニア大会 近畿地区予選 U10男子

3名×6ブロック、6ゲーム先取で上位2名が決勝トーナメント、負ければコンソレと言う事で沢山試合が出来そうだったので参加(大阪の舞洲)してきました(^^

 

ラケットを変更して初めての大会でもありました。

 

試合結果

【予選ブロック】

  • 1試合目 0-6 Lost
  • 2試合目 4-6 Lost

 

3名中3位で予選敗退。

 

 

【予選敗退者(コンソレ)】

  • 1試合目 6-2 Won
  • 2試合目 5-6 Lost(一応決勝?)

 

敗退の6名(実質4名?)によるコンソレで2位。

 

 

総括

一言で言えば「非常に良かった!」です。

 

負けはしましたが、ミスが少なくなりラリーが続くようになりました。

 

そしてコーチからの課題であったオープンコートを沢山作って攻める事が出来ましたし、守る事も出来ました。

 

自信を持つという部分はクリアできませんでしたが、確実に成長している事が分かりました。

 

経験、経験と散々言われてきましたが、その意味がようやく分かったきました。負けても試合に出続けてきので、ようやく慣れが出てきましたし、練習ではなく試合でしか得られないモノが沢山あるので、試合は収穫の場でありますね。

 

 

1試合目の0-6だけは緊張と自信の無さから本来のプレーが全く出来ず(これまでと同様)自滅でしたが、予選2試合目の4-6とコンソレ2試合目の5-6は格上(年上)相手に粘ってゲームを獲得し、勝ちに近い所までもっていく事ができました。

 

そこで「勝ちびびり(5-5の30-0であと2ポイントで勝利)」が出て、また自滅してしまいましたが、次にいきる事でしょう。

 

ブレイクされても、しぶとくブレイクバックしたり、相手の弱点をついて自分のショットの種類を変えて組み立てたりと、年齢の割にはなかなかクレバーなテニス、意志と創造性を持ったテニスが出来たと思います。

 

待ち時間も少なく、1日にまとめて4試合もさせてもらい、非常に得るモノが多かった大会でした!(^^

 

前月のKidsテニスでは刺激を受け、今回は手応え(喜び)を得ました。

 

同時に悔しさも得たようなので、これを忘却させずに、糧として練習を楽しんでくれればもっともっと強くなっていくでしょう。