読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン222、223回目(バックハンドを柔らかく。)

a.私テニス日記

222回目 中上級 AMコーチ参加者:7名

223回目 トーナメント ALコーチ参加者:5名

 

 

選手の気付きをベースに腰の使い方だけに絞って打ちましたが、間違いなく良い感じになります。

 

あとは、打球判断、リズムなどショットに持ち込むまでの部分と連動させる事が課題です。

 

バックハンドを柔らかく

バックハンドのスイングが「点」になり過ぎているので、少し「フェイスにのせて運ぶ」ような感じを加える事でアングルショットなどコースの打ち分けが容易になるとアドバイスをもらいました。

 

上手く正しく振り抜く事をずっと練習してきたのですが、2週程前からバックハンドのコツが分かってきて、かなり振り抜けるようになっていたのです。

 

が、そうなると全てのショットに対してハードヒットしているかのような状態になっていて、「点」の打ち方になり過ぎていたのです。

 

全く自覚はありませんでしたが、球出しの待ち時間に自分の素振りをガラス窓で確認してみると、、、、本当だ!!!

 

いや〜コーチって凄いなと改めて感じました。

 

その後、ちょこっと修正してみたところ、安定感、コントロールとも確かに改善されました。

 

バックハンドが益々楽しくなってきました!(^^

 

オープンマインド(素直さ)

あと、大人こそ「オープンマインド」が必要だと。テニスでも、もっと取り入れてやってみると変化できるし、20〜30年の癖も取れるし、先の蓄えにもなると。

 

本当にその通りですね。初心を忘れず、もっともっと(主体的かつ)素直になる必要がありますね。

 

 

 

ラケットの状態

  • ULTRA100(張上日:5/14、使用回数:5回、累計時間:7.5h)
  • PureStrike Tour(張上日:6/10、使用回数:10回、累計時間:16.5h)
  • ProStaff MID(張上日:6/10、使用回数:1回、累計時間:0.25h)

 

引き続きピュアストライクTOURを使用中。