「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン224、225回目(フォアハンドの使い方。そして惰性への戒め。)

224回目 中上級 AMコーチ参加者:9名

225回目 トーナメント ALコーチ参加者:6名

 

フォアハンドの使い方

フォアハンドを根本的にレベルアップさせたいと思っています。

 

基本となるリズム、バランスから腰の捻りまでは分かってきたのですが、ラケットワーク(スイング)が未だ駄目です。

 

攻撃に行く時の持ち球は高い打点でボールを後ろから前に潰して直線的に打ち抜き回転をかけるエッグボール系?なのですが、守備的なショットでもこれを使い過ぎてエラーにしてしまったり、ボールの下に入れ過ぎたトップスピンを打って極端に浅くなったりします。

 

理想としてはエースを狙うチャンスボールに繋げるまでは、深いトップスピンを安定的に打ち込む事です。

 

となると、

 

  • テイクバックでラケットフェイスを閉じてインパクトで開かないように矯正する
  • 腰を落とし下半身の垂直方向(キック)の力を使う
  • ボールの下に確実にラケットを入れる
  • スペースを作り脇を開けてストレートアム気味に打てる打点にする
  • 深さを出すためにステップインからの体重移動と回転を活用する
  • 柔らかくフィニッシュまでふりきれるようにイメージし、なるべく加速させる

 

ざっと、こんな所です。

 

そして何より、「攻め」と「守り」の定義、その時の打ち方について頭の中を整理しておくことが大事かと思います。

 

よくよく考えるとトップスピンで崩して攻めるという経験があまり無く、いつも最初のチャンスで強引に打って行って優位を作る展開ばかりです。

 

勿論、ミスも多く不安定ですので、ここでレベルアップしたいという訳です。

 

 

戒め

下手なくせにレクリエーションテニスでは無く、競技テニス的な真剣なテニスが好きなので、まったりとした雰囲気では無く、皆無言でも良いので「ぐぐっ」と集中した中で切磋琢磨して技術やメンタルを向上させたいのですが、テニススクールだけでは叶わない欲望だという事も分かります・・・。

 

そういう意味でもトーナメントクラスは地味ですが真面目なメニューなので貴重です。問題は「一コマ」しかなく、振替するクラスが無い事。そして、やはり1レッスンだけでは物理的な時間も足りません。

 

他のスクールとの掛け持ちという方法もありますが、出来ればそれはしたくありませんし。

 

だから、そういった皆さんは同好会、クラブ・・・そういったコンセプトに合ったチームでテニスをされているんでしょうね。

 

仕事や子育などが落ち着き、時間ができればそういうテニスもしてみたいなと思うようになってきました。

 

それまで動ける身体をキープしておかないと楽しめないので、頑張っていこうと思います!

(^^

 

 

と、愚痴をグチグチと書いてしまいましたが、ちょっと無意識にテニスのやる気をセーブし続けてしまっていて、惰性な感じ、不完全燃焼な感じが続いて、正直テニスを楽しめていませんでした。

 

明らかに自分的には良くない傾向です。

 

自分に対する戒め、喝ですね。 現状維持は駄目ですね。

 

この状態はテニスに限った事でなく、仕事を含めて全てに当てはまりますので、気合いを入れ直して、初心に戻って、志(大げさ)を持って、自分の意志選択で過ごして行きたいなと思います!(^^

 

 

ラケットの状態

  • ULTRA100(張上日:5/14、使用回数:5回、累計時間:7.5h)
  • PureStrike Tour(張上日:6/10、使用回数:12回、累計時間:19.5h)
  • ProStaff MID(張上日:6/10、使用回数:1回、累計時間:0.25h)

 

引き続きピュアストライクTOURを使用中。

 

柔らかいフィーリングは継続していますが、ボールが抜け気味になってきているので、そろそろ張替え時期です。