読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン226回目(トップスピンとサーブ)

a.私テニス日記

226回目 トーナメント ALコーチ参加者:5名

 

今回は腰を使ったトップスピン主体のストロークを個人テーマに掲げてレッスンに臨みました。

 

腕による打ち込みを我慢して、腰主導でラケットを確実に下にいれ頭を完全に残してフィニッシュまで70%程度の力の入れ具合で一気に振り抜く。

 

これが出来た時は、しゅっと軽い感じで振り抜け、そしてボールはグリグリに凄い速度で飛んで行き、相手コートで失速無く高く弾みます!(自分比)

 

まだまだ癖が抜けずこのフォームで打てる割合が低いですが、継続的にやっていきたいと思います。

 

というのも、癖が抜けずずっと同じアドバイスをもらっていたサーブも、初めてコーチより「前と全然違う、良くなった。」と言ってもらえました。

 

諦めて前のフォームに戻そうかと何度も思いましたが、粘って良かったです。

 

なので、ストロークもサーブのように変化できるように頑張ろうと思ったという訳です。

 

あ〜我ながら単純、単細胞。

 

 

 

 

あ、サーブに関してはサンプラスの写真を眺めていたのが良かったのかな???指摘されている事の完成系がそこにありましたので。(右腕の引き具合)

 

ボールを投げる時はそのように出来るので、サーブの意識を捨てて、イメージした身体の動きに集中(修正)して、リラックスして打つようにしてみました。

 

部分最適化よりも全体最適化のイメージです。

 

あと、いよいよ普段の練習から試合のつもりで自分に合ったルーティーンを作り取り入れたのですが、これがGood!!!

 

トスしたのボールの解像度と臨場感がまるで違っていました。フィーリングが激変。今まで、いかに漠然と打っていたのかが良く分かり、反省です。

 

 

やはり、本気で努力して練習をすれば、おっさんでも変化できて、まだまだ上手くなれるんですね。

 

言い訳する暇があれば、やってみることが大事ですね。

 

 

ラケットの状態

  • ULTRA100(張上日:5/14、使用回数:5回、累計時間:7.5h)
  • PureStrike Tour(張上日:6/10、使用回数:13回、累計時間:21.0h)
  • ProStaff MID(張上日:6/10、使用回数:1回、累計時間:0.25h)

 

忙しくて張替えが出来ていませんが、トップスピンで打つとまだ何とかいけるかも・・・良くはないですが。