読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

36張り目(TOALSON シンセ130TG)43/42

f:id:toshitama:20160805111148j:image

ストリンギングMemo

  • ラケット:ヘッド インスティンクト レフプロ(HEAD INSTINCT REV PRO)
  • 張り方:1本張り。クロスは下から。(※メインも下からです。)
  • テンション:43/42ポンド
  • ノット:パーネルノット
  • 張り時間:55分
  • 130mロール:使用2回目(16本分 ※27インチラケット換算)
  • ASP16×19の通常パターン
 

前回の反省から、ショートサイドを4.5本分、ロングサイドを11本分に減らしましたが、ショートサイドは目打ちするのに少し足りずスタクラを使いました。ロングサイドはまだ少し余った感じ。

 

ショートサイド5本ジャスト、ロングサイド11本ジャストで丁度良さそう。

 

スイング速度が足りずラケットへの食い付きが不足していそうだったので、テンションを下げてみました。

 

また、ストリングとは関係ありませんが、このインスティンクトはトップスピンは打ち難く、かなりフラット向きのような気がします。

 

息子の身体がもう少し大きくなれば、スピンの打ち易いラケットが良いかも。