読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン108回目(バランス&コートカバーリングが良くなってきた。)

レッスン後にALコーチからは以下のような事を言われました。

 

  • 「(前後左右に振り回された時の)バランスが改善されてきたね。」
  • 「このベースがあれば色々なアイデア(戦術)を試せるようになるから、楽しみだね。」
  • 「フォロースルーもしっかり取れるようになってきた。」
  • 「あと1年くらいしてもう少し身体が大きくなってきたら、少しだけフィジカル的なトレーニングを取り入れても良くなっていくと思う。」

 

息子も「今日も中々調子が良かった気がする〜。」と言っていましたので、何かしらの手応えや実感が出てきているのでしょう。ショートラリーも延々と終わらないので、途中で強制終了されたの事。うん、良い事だ。

 

 

 

振返ってみると、子供にとっての1年は大きく、1年前と比べると別人(別テニス)のようだなと感じます。

 

来年の夏頃には見ていて楽しい多少見応えのあるテニスになっているかも!?という期待を持ってしまいますね〜(^^

 

最近は食事中や遊び中に何気に言った一言を聴き入れてくれて、自分で考え、相談できるようになってきました。

 

過去の態度とは180度変わっているので、我が家にとってはもの凄い成長です。

 

小学校などの集団生活になると、周りにある程度合わせたり、色々と気を遣ったり、出しゃばって目立つ事を避けたり・・・とエネルギーや意欲を抑え気味な様なのですが、ことテニスにおいては遠慮する事無くノビノビとやれているなと思います。

※学校でもスポーツはいつも全力のようです。

 

2016年夏の「アレ」は一つのターニングポイントになった事は間違いないようです。

 

 

 

さて、また次のstageに入っていきそうなので、こちらも次の準備をしていかないといけません。

 

いつもの手探り&綱渡りではありますが、先入観無く、考えて行きたいなと思います。

(^^