読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2016スクスクのっぽ(京都U10グリーンボール)

a.息子テニス試合日記

インドアの曇り空、肌寒い気候でしたがアンダーシャツとアンダータイツを着込んで参加。

 

最後は少し暑かったようで、脱ぎました。

 

 

目標 = 今大会の参加テーマ

  • 最後までポジティブにテニスする
  • 自分の意識をコントロールする
  • 自分で考え続けて修正する

 

 

試合結果

【予選リーグ】

  • 1試合目:2-4 Lost(vs 9歳)
  • 2試合目:4-3 Won(vs 9歳)

直接対決では勝っていたのですが、得失点差で予選4名リーグの3位で敗退です。

 

 

【3位、4位者トーナメント】

  • 1R:6-2 Won(vs 10歳女子)
  • 2R:6-2 Won(vs 9歳)
  • 決勝:4-6 Lost(vs 7歳)

 

決勝戦では惜敗しました。

 

 

振返って

今回はショット時の自己チェックポイントを忘れないようにコントロールする事をテーマにしていました。

 

いつも頭が空っぽになって力任せに打ってしまうのですが、今回はコントロールできている時間帯がかなり増えていました。

 

また、最後までポジティブにテニスをする事も出来ていたので、今回のテーマは全てクリアしたと言って良いかと思います!

 

よく頑張れました!(^^

 

 

良かった点 を だらだらと

さて、予選リーグの1試合目は身体も大きくハードヒッターで強敵だったのですが、0-2ダウンから、そこから崩れず、ジワジワと粘り強く挽回し、相手にプレッシャーをかけ、形勢逆転まで持っていけたのは非常に良かったと思います。

 

自信満々のオラオラで来ていた相手に対して、真正面から受けて立ちつつ、テクニックも見せつけつつ、相手の自信を奪っていくことが出来ていました。

 

最後はあと1、2ポイント足らずで負けましたが、6ゲームなら面白かったかも。

 

後述しますが、あれだけDFをしてでも競れたのは自力がついてきたのかも。

 

相変わらず、「弱そう」に見られて舐められていますが・・・(^-^;

 

 

あと、ストロークもグリーンゾーンで戦える時間帯が増えて、概ねバランス良く打てていました。

 

これまではグリーンゾーンから自滅で一気にブルーゾーンに入ってしまって終わりという事が課題だったのですが、今回はグリーンゾーンで粘れていました。

 

反面、最後の試合では久しぶりにレッドゾーンに入ってしまって、各種コントロールを失ってしまったのですが、これは本来の息子の性格(イラチ、短気、負けたくない、勝ちたい)なので、これが復活したことはむしろ良かった事であり、嬉しく思います!(^^

 

最後の対戦相手は、同じ滋賀県のスーパー7歳児A君(1年生)!

 

以前にも負けている相手だったので、今回は勝ちたかったのだと思います、だからレッドに入ったんだと。

 

それでも、見応えのある良い試合をしていたので、悲観する事はありませんし、負けても悔しさが全面に出ていて、良かった良かった。

 

良く分からない自滅で「ブルーゾンに入って自分らしくなく負ける」のではなく、「レッドゾーンで自分らしく負ける」のが健全です。

 

 

 

今回の反省点と次の課題

唯一の反省点は「サーブ」です。

 

予選リーグ戦ではほとんどDFだったんじゃないか?フォルトもフレームばかりで、無茶苦茶になっていました。

 

自分で考え続けて修正する事、その経験を積む事がテーマだったのですが、予選の中では修正できませんでした。

 

リーグ敗退後にワンポイントアドバイスをした所、3位4位者トーナメントではサーブがころっと復調しました。

 

このポイントを忘れないようになれれば。

 

いや、その前にサーブの重要性に本心から気付いて欲しいな〜(^^;;

 

これを試合中に自分自身でできるようになる事が次の課題の一つですね(^^

 

 

もう一つは、これからのレッスンの内容とも被りますが、「相手を見て展開を作ること」です。

 

自分の打ちたいボールを打つ! というのがテニスになっているので、身体の開きも早く、プレースメントやショットセレクトが無茶苦茶で、単調過ぎます。

 

今回はそれで良いのですが、これからはそこを意識し始めてくれれば、試合に勝つ事も出来始めるかと思います!

 

ALコーチにがつがつと質問できるくらいの姿勢になってくれば、強さも出て切るのかなと期待しています。

 

 

 

その他

最後の相手のA君のお母さんと久しぶりにお話させて頂いたのですが、低年齢ジュニアテニスの大会について色々と有益な情報を教えて頂きました。

 

ありがとうございました!(^^

 

どこの親御さんも悩んでおられると思いますが、低年齢同士で内容のある試合経験を積ませてあげる、楽しませてあげる事が本当に難しいのです。

 

都道府県の公式戦だと年齢が合わないですし、多少は結果も気にしてしまうので、気軽に楽しめないのです。

 

テニスはちょっと実力差が開くと一気に0-6とかになってしまいますから、年齢差や対格差があると良い内容のゲームをするのは難しい事も多々あります。

 

もっと、もっと、楽しんでテニス(勝負)をさせてあげたいのですが、日本ではテニスコートは少なく、高価なので、実現は難しいんでしょうね〜。

 

グチグチ言っても仕方がないので、どうにか楽しめるように工夫したいと思います。