読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2016秋期シングルス選手権大会(市長杯)

a.私テニス試合日記

懲りずに参加してきました。

 

懸念のクレーコートの状態は良く、イレギュラーもほぼ無し。

 

天候は風が強かったですが、雨もなく気温も適度で良かったです。

 

結果

1試合目 0-6 Lost

2試合目 2-6 Lost

 

予選リーグ敗退でした。

 

 

振返って

1試合目はベーグルと全く歯が立たずの完敗でした。

 

相手の方は確か直近の大会での優勝者で、かなりの格上でしたので負けは仕方がありません。

 

各ゲーム2ポイント程度は何とか取らせてもらえたのですが、そこからが遠過ぎました。

 

試合後に沢山アドバイスを頂けたのですが

 

  • クロスにもっと繋げてミスを減らすと良い(※特にこのクレー、強風下では)
  • フォアハンドの打点をもっと前にして、ラケットヘッドをもっと下げるとクロスにスピンが打てるはず
  • ある程度良いフォアハンドや格単発のショットが打てているので、上記を意識すればもっと展開が作れ、相手を崩せるはず

 

まとめると、こんな感じでした!

 

自分の意識とは違って、打点がそうとう近くなり、無理矢理打っていったのでミスが多くなってしまったのだと分かりました。

 

調子は悪くなく、単発のポイントは取れるのですがゲームを組み立てられず、最後までテニスをさせてもらなかった感覚があったのですが、頂いたアドバイスによって「技術的な問題」があるという事に気付けました。

 

本当に貴重なアドバイスをありがとうございました。

 

 

 

2試合目は先程の反省を活かして、クロスの展開を作ろうと意識しました。

 

しかしながら、今回も調子は悪くないものの、肝心な所でミスヒットし、ゲームが取れません。

 

そんなこんなで、気がつけば0-5ダウンです。

 

おっと、2試合続けてのベーグルだけは避けたい所です。

 

そこで、欲張らずに

  1. 「フォアハンドは打点を遠く、前に」
  2. 「サーブはトロフィーポーズをしっかり入れる」

この2点だけに集中してみました。

 

 

すると、サーブは1stがきっちりコースに入り始め、相手を押し込めます。

 

更に、先程まで不安定だったフォアハンドが逆クロスに展開でき、そこからクロスへと繋げて相手を崩してポイントが取れ続けました。

 

このシンプルな展開のみで2ゲーム挽回。

 

続けて、自身のサービスゲームでサーブを少し丁寧に打ち過ぎてまた元のテニスに戻り0-30、、、そこからまた集中しなおして30-30まで戻し、そして30-40から良い展開にしたのですが浮いたチャンスボールを詰め過ぎて(打点近くなり)アウトし、ゲームセット。

 

最後の3ゲームはかなり良いフィーリングと、「テニスってこうやるのか!?」といったブレークスルーがありました!(^^

 

もう数ゲーム早く気付けていれば、競れていたと思うので残念でしたが、最後は良いテニスが初めて出来たので収穫は多かったと思います。

 

 

まとめ

テニスの試合では緊張や勝ちたいという意識から身体のどこかに不調をきたします。

 

例えば、「サーブの時膝が曲がらない」、「フォアハンドで足が止まり打点が狂う」など。

 

その時にメンタルに対して「リラックスして」とか「展開を作って」などとアプローチをしても回復しない事が多いです。

 

しかし、「打点を遠く、前に」と乱れている技術部分に対してだけアプローチする事で狙い通りのショットが狙い通り通り打てるようになります。

 

今までは展開を作ろうにも、狙い通りにショットが行ってくれないので、そこからバラバラに崩壊してしまっていたのですが、狙い通りのショットが打てさえすれば、余裕をもって落ち着いて展開が作れました。

 

先ずはバランスとタイミングを合わせ、ショットを安定させることが最優先ですね。

 

その先に、戦略的な事があるんですね。

 

当たり前過ぎる事なのですが、この経験は大きかった!!!!!

 

年に数回しか試合をやらないので、こういう感覚が乏しかったのですが、よやく人並みに?にゲーム感覚が芽生え始めてきたように思います。

 

ちょっとワクワクしますね、この感覚は。

 

次が楽しみです。

 

 

【追記】

良かった点もありました。

 

  1. サーブは漠然(エリア)としたイメージで「ワイド、ボディー、センター」を狙うのではなく、ピンポイントで「ここ!」と打ち抜くイメージを持つと精度と安定感が向上しました。
  2. バックハンドは頭を残すイメージでかなり良いショットが打てました。

 

この2つはちょっとした成果でした。