「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン115回目(バックハンドとWilson ProStaff97 ULS)

ようやくフォアハンドが安定してきたので、今回は主にバックハンドの練習でした。

 

前後左右に色々な球種の球出しが行われておりましたが、良いフィーリングを求め自分なりに色々な打ち方を試していたようです。

 

 

特記として、「ウィルソンのプロスタッフ97 ULS(270g)」軽量モデルの試打ラケがあったので、次のラケットの候補として打ってもらいました。

f:id:toshitama:20161119154224j:image

 

ショートラリーだけの予定だったのですが、Newラケットが楽しかったようで、結局レッスンの最後までProStaff97を使い続けていました・・・(^-^;;

 

たまには「そういう楽しみ」も必要ですよね。私もラケット大好きなので、その気持ちは良〜く分かります。

 

 

ちなみに、こんな感じで打っていました。

 

youtu.be

バックハンドスライス、バックハンドドライブとつなぎ、フォアに回り込んで攻めに転じるイメージの球出し練習です。

【使用した試打ラケット】
Wilson Pro Staff97 ULS ( 270g / 32.5cm / 27inch/18×16 )

 

 

270gでもまだ少し重いようで、スイングスピードがかなり遅くなり、取り回しも苦しそうにしていました。

 

縦横ともポリが張ってあったの事もあり、少し硬かったとも言っていました。

 

Spinラケットなので、ボールの回転は多めになっていましたが、スピードは落ちていましたし、出来ればノーマルの16*19でテニスを覚えて欲しいなと思います。

 

息子も「次は絶対Wilsonが良い!(ProStaffが良い!)」と言っていたのですが、1レッスン使ってみて「結構今のラケット(255g)が合ってると思う。」と。

 

次のラケット選びも白紙に戻りました。

 

重量は15gアップでもバランスが少しイーブンよりになるので、似ているかな?ともお思っていたのですが、結構差があるようでしたね。

 

まあ、もう少し身長が伸びて、筋力が付かない事にはラケットチェンジも出来ないので、まだ少し先の事になりそうです。

 

 

今回の試打ラケット

www.wilson.co.jp

 

 

現在のラケット

shop.head.com