読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2016ウインターダブルス(男子11歳以下)

a.息子テニス試合日記

同じスクールのO君とペアを組み、お互い初のダブルス参戦でした。

 

ダブルスのルールを覚える所から始めたので、ダブルスのセオリーなど習得する間もなく本番になりました。

 

今回は「プレッシャー無く楽しむ事!(^^」が最大の目的ですので、非常に気楽なものでした。

 

試合結果

1R: 7-6(7-4) Won

2R: 1-8 Lost (※vs 第4シード)

 

16チームのエントリーだったので、1回勝ってベスト8で敗退でした。

 

初戦を振返って

初戦、互いにブレイクという展開が続きましたが、4-1リードまで行きました。

 

しかし、内容的には互角で、どっちに転んでもおかしくない状況。そして、実際に挽回されタイブレイク突入です。

 

タイブレイクでも4-1リードまで行くものの、そこから取りきれずモタモタしましたが、最後は良いサーブが入って逃げ切りました。

 

かなりヒヤヒヤ、薄氷の勝利でした。

 

総じて、互いに弱点を見つけてそこを攻め合っていたのですが、そのパターンでポイントを落とした方が負けという感じでした。

 

勝因としては

  • O君のサーブが安定していてDFが少なかった事
  • 息子のBHスライス、ボレー、スマッシュなどのテクニカル系のショットが良く決まった事
  • 最後まで諦めず、攻め切れた事

でしょうか。

 

 

反省点は

  • O君のストレートを沢山抜かれた事
  • 相手の弱点を攻めきれなかった事
  • 息子がポーチでのローボレーを処理できず沢山ネットさせた事(迷った)
  • 息子のサーブでDFが多かった事(サービスポイントも多かった)

という感じでしょうか。

 

 

試合を通して意味不明な?コミュニケーション(笑)も沢山沢山取れて、緊張せずにかなり楽しめていたようなので、本当に良かったなと思います!(^^

 

あと、途中相手のミスジャッジ(だと思った事)に対して主張しロービングアンパイアの方にも来てもらう事になったのですが、感情的に揉めることなく終始落ち着いて納得いく対応が出来たのは成長だと思います。

 

結局そのゲームをは落としてたのですが、モヤモヤ感はなく、切り替えられたのではないでしょうか。過去の幾度もの苦い経験を活かす事ができ良かったです。

 

 

2回戦を振返って

次は第4シートが相手と言う事で、何ゲーム取れるか?良いポイントが取れるか?に注目していました。

 

サーブからコースを狙われ、確実にポイントを取られてしまい、あっという間にゲームセットになりました。

 

ただ、結果としては1-8と大差での敗戦でしたが、ゲームを取るには至らないものの、所々で攻め勝った場面があったのは収穫でした。

 

特に、相手のスピードボールに対してBHスライスを上手く活用してプレースメントで勝負してポイントを取った場面が何度かあったのですが、試合中に分析して思いついたらしく、緊張するシングルスでは考えられない事で、良いきっかけになるかもしれません。

 

ボレー合戦でも負けず、スマッシュも決まり、テクニカル系のショットはシード選手相手でも十分に対抗できると自信が付いたのではないでしょうか。

 

欲を言えば「負ける」という事を決めつけ過ぎてテニスが淡白になり過ぎていたので、金星をとる心意気でもう少し精神的に粘って挑んで欲しかった気もします。

 

 

最後に

O君と二人で考え、二人で戦ったこの2試合は本当に良い経験になったと思いますし、互いに少し成長できたのかなと思います。

 

何より、最大の目的である「楽しむ!」という事に対しては120点で、本当に楽しそうでした!(^^

 

テニスとして勝っていくにはまだまだ練習が必要で、弱点を克服して行く必要がありますが、「そういう気持ち」が芽生えてくれば嬉しいですね。

 

息子の場合はサーブのDFが多過ぎるので、先ずは本気でそこを磨いて欲しいです。

 

また、ダブルスの前衛の動きやポジショニングに関しては現時点では二人とも全く出来ていないので(笑)、ここは「ペア」でしっかり興味を持って理解するようになってくれると嬉しいです。

 

 

 

また、親も今回は気楽だったはずが、いざ試合が始まってみるとドキドキするのは避けられずでした・・・(^-^;;

 

最後になりましたが、今回I家には色々とお世話になってしまって、本当にありがとうございました! 

 

<(_ _)>