読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン122回目(大雪で悟る)

a.息子テニス日記 c.子育て

今回のメニューはこんな感じ。

 

  • ショートラリー
  • ロングラリー
  • フォアボレー
  • ボレスト
  • 球出しボールを高い打点で打つ。可能なら強めに打つ。

 

特記としては最後のメニュー。

 

今まではディフェンスの基礎練習をずっと行ってきましたが、ようやくディフェンからオフェンスへの切換えの練習が入りました。

 

この練習(成長)ペースだと本格的にゲームの組立を学び始めるには、これから丸2年は必要かと思います。

 

つまりは、小学6年生になってからかな。

 

周囲を見れば3〜4年生から上位シードを獲得して全国で活躍している選手もいますし、心底「凄いな!」と感じます。

 

ウチはこんなにノンビリ練習していて大丈夫なのか?と心配になる事もしばしば。

 

ただ、「成れるものならば成りたいもの」ですが、いくら羨んでも「成れないものは成れない」ので心配しても意味がないと気付きました(笑)

 

 

ちょっとした振り返り

これまでもテニス技術ではなくて、「やる気」や「本気」の部分を発奮させてやろうと、「北風」と「太陽」の両方を使ってコーチングしてきました。

 

その結果、多少の効果はありますが、本質的な変化(成長)はありません。

 

「本当に数年経てば変化するのだろうか?」や「もっとハングリーさを持続させる方法は無いのかな?」などという事が常に頭の中にあったのですが、どうやら要らぬ心配のようだと今回の大雪で分かりました。

 

待ちに待った大雪!どうしても河原で雪遊びがしたい息子(と娘)。

 

ピアノの試験などもあり忙しい1日だったので、「無理無理〜」と流し流し流しまくっていたのですが、恐ろしい程しつこく、しつこく、しつこく、「行きたい!!!行こう!!!」と積極的に交渉を仕掛けてきます。

 

更に、畳み掛けるように長靴、帽子、手袋、上下防寒ウェアなど、いつの間にか準備万端ではありませんか!!!

 

普段、目の前にあるテニスウェアさえ「どこにあるの?」とかいう奴が、見た事も無い程に完璧かつスピーディーな準備。

 

 

『おい!やる気になったら出来るやん!』

 

 

と、夫婦で突っ込んでしまいましたよ・・・(^^;;

 

という事で、本人次第、「果報は寝て待て」ですかね。

 

気長に、気楽に、ぼちぼちが良いんや〜 と、悟った大雪でした。

 

f:id:toshitama:20170115211100j:image

 

f:id:toshitama:20170115211115j:image

 

f:id:toshitama:20170115211125j:image

 

f:id:toshitama:20170115211134j:image