読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

プライベートレッスン123回目(そろそろ状況判断を取り入れたい)

a.息子テニス日記

今回は課題(修正点)を意識しつつレッスンに入れたのでショートラリー、ロングラリーともに最初から安定していました。

 

  • スプリットをリズムよく、タイミングよく入れる。
  • 無駄に伸び上がらず、下半身を安定させて打つ。
  • 素早く打点に入り、前で取る。

 

細かく言えば色々あるのですが、簡単に言えばこんな感じ。

 

大きな問題がなかったからなのか、レッスン終盤は今回もマッチ練習になりました。

 

 

 

さて、マッチ内容としては前回と大きく変わらず。

 

ALコーチからのアドバイスも「バックハンドのミスを減らそう。練習しよう。」という事のみでした。

 

マッチ練習といってもセオリーなどの解説指導は全く無く、あくまで「本人が自分で気づく機会」を作ってくれるのみです。

 

接し方は優しいですが、手取り足取りのティーチングは無くコーチング重視なので、幼い子供にとっては結構ハードル高めです・・・(^^;;

 

なので、いつものようにレッスン後は親子で「あーだこーだ」復習して、次の準備をしています。

 

当人はまだまだ気づいていませんが、ずっと見ていると確かに課題が良く見えてきます。

 

今は「いくつかの状況判断」を誤っているため、チャンスがピンチになってしまっている事が多々有ります。

 

そこに気づいて少しでも修正できれば、落としていたポイントが取れる事になるので、試合結果としては負けが勝ちになる可能性が出てきます。

 

 

 

欲を言えば、この課題認識の熱いうちに次のレッスンに入りたいのですが、週に2回だと、冷めた頃にレッスンなので、「あ、忘れてたわ。」という事ばかりです・・(^ー^;;

 

本人の意識次第、意欲次第と言えばそれまでなのですが、そろそろ練習頻度を上げられれば嬉しいところです。

 

が、、、、入れるクラスも今の所無く、、、、物理的に増やせませんので、コーチから声が掛かるまでは まだまだ「待ち」が続くのでしょう。

 

親はそれが客観的に見えてきているので飢えてきているのですが、本人こそが飢えてくれれば良いのですがね〜。

 

ぼんやり君なので、、、、どうなんだか〜。