「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン270回目(バックハンドボレーの手首の角度)

270回目 トーナメント ALコーチ参加者:5名

 

バックハンドボレー

バックハンドボレーのセットを体から離す事を発見したものの、当たりが詰まった感じが出ました。これ、試合でチャンスボールをミスした時と同じ感じです。

 

レッスン後に再度鏡でチェックしてみると、離した分面の角度が合っていませんでしたので、手首をもう少し立てる(ひねり起こす)感じで丁度良さげです。

 

やっと、バックボレーが修正できそうな気がしてきました!(^^

 

身のこなし

コーチとの反面ラリー(ずっと返球し続ける)では前後左右に振られ続けたのですが、バテました。

 

特にドロップからのロブを3回やられると、もう息が上がって大変です。

 

ボールを打つ際に息を吐く事を完全に忘れていた事と、バランスが悪く重心移動で動けていなかったので異常に疲れてしまったのだと思います。

 

コーチは5名対応しても汗ひとつかいていないという・・・(^^;

 

ストロークに関しては、回転なり踏み込み移動なりの「エネルギー」が腕やラケットを通して上手くボールに伝わっているのかどうかを感じることに集中してやってみたいと思います。

 

  

ラケットの状態

  • PureStrike Tour(18/20)(張上日:2/25、使用回数:4回、累計時間:6.0h)
  • 2017 PureStrike(16/19)(張上日:3/15、使用回数:4回、累計時間:6.0h)

 

ストリングの状態もまだ大丈夫な感じです。