「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

53張り目(TOALSON シンセ130TG)43/42.5

f:id:toshitama:20170428141847j:image

ストリンギングMemo

  • ラケット:ヘッド インスティンクト レフプロ(HEAD INSTINCT REV PRO)
  • 張り方:1本張り。クロスは下から。(※メインも下からです。)
  • テンション:43/42.5ポンド
  • ノット:パーネルノット
  • 張り時間:40分
  • 130mロール:使用6回目(16本分(5+11) ※27インチラケット換算)
  • ASP16×19の通常パターン
  • ノッチは径の50%弱(上から4本目中央)
  
 
今回は分銅を水平になるグリップ位置がぴたりと決まり、非常にスムーズに張り上げる事が出来ました。 
 
左右のテンションのばらつきもなく、クランプ位置も安定していました。
 
1ヶ月に2〜3本張上げているとスムーズですね。期間があくと、どうにもぎこちなくなってしまいます。
 

 

特記として、テンションを3ポンド上げました。この気温だとこれくらいがベストです。真夏には更に2ポンドくらい上げようかと思っています。

 
 
 
あと、レッドテープの位置を少し下げ、バランスを微妙に下げました。(グリップエンドはそのまま)
 
ボレーの操作が難しかったり、急な操作の対応を少しでもし易くするためんです。

 

SWを確保する為にかなりトプヘビーなラケットですが、徐々にイーブンバランスのラケットが使えるようになってくれれば、もっと楽にテニスができると思います。

 

このラケットにして約1年程になりますが、次のラケットになるのはもう1年後くらいかな〜。

 

 

【追記】

張り上げ直後は少し硬く感じられて「1ポンド落とした方が良い かも」と言ってましたが、気温が上がってちょうど良くなったようです。

 

次回は気温も更に上がると思うので、このセッティングと同じで良いとのこと。