読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン274回目(サーブ好調をキープ)

274回目 中上級 AMコーチ 参加者:5名

 

久しぶりの中上級クラスです。

 

ストローク

ここのクラスではストロークをガンガン打っても良いのですが、まずは「ボール→バウンス→ヒット」と、リズムとタイミングを意識して打っていきました。

 

そこそこ良い感じでしたが、そこからペースを出して打っていくと、頭のイメージに体が付いてこず、ボールがバラツキマした。

 

それを腕で調整しようとしてしまい、最後まで制御が戻りませんでした。

 

不調ではありましたが、久しぶりにハードヒットを交えてしっかりスイングしたので、良くも悪くもスイングの感覚を思い出す事が出来たのは良かったです。

 

次は下半身主導でターンを開始し、6→7→8→9→10とインパクトにかけて徐々にスイングを上げていくように改善したいと思います。

 

 

サーブ(個人的な感想)

トスアップ前に完全にニュートラルな状態を一度作る事がポイントです。

 

また、ゆったり大きくというパワー重視の体の使い方を取り入れる事は止め、「クイック気味のリズム」と「開始コンパクト〜インパクトにかけて大きくスイング」という自分に合った打ち方に戻した結果、イメージ通りのコースと回転が保てています。

 

体を大きく使い過ぎると、筋肉が緊張して滑らかさとパワーをも失う気がします。

 

また、慣性モーメントも大きくなり、軸を回転速度が上げるのにパワーを使ってしまい、コントロールもままならないという悪循環に陥るような気もします。

 

全体的には今のままのフォームで、下半身の粘りとジャンプを活用して、ジャンプと同時にスイングを開始するのではなく、空中でスイングを開始するようにタイミングをもう少しだけ遅らせるとコントロールを維持しながらパワーとキレ(回転)が出るかと思います。

 

あくまで個人的な低いレベルのテニスの話なのですが、大きく基本から外れない範囲で、自分の筋力や関節やリズム感に合った打ち方にしている、つまり「ベストな妥協」をしている状態かなと思っています。

 

 

トップスライスは安定してきたので、次は同じフォームからのフラット、スライス、スピンを練習していこうと思います!(^^

 

 

 

 

ラケットの状態

  • 2017 PureStrike(16/19)(張上日:5/5、使用回数:2回、累計時間:3.0h)
  • PureStrike Tour(18/20)(張上日:2/25、使用回数:4回、累計時間:6.0h) 

 

 

少し緩んだのか、硬さがとれてきたかもしれません。