「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン278回目(HEADラケット試打祭り)

277回目 中上級 AMコーチ 参加者:8名

 

HEADラケットの試打

今回はHEADの試打ラケットが沢山あったので、取っ替え引っ替えしえ遊ばせてもらいました!(^^

 

SPEEDシリーズ、Radicalシリーズ、Instinctシリーズの3種類を試しました。

 

打球感の気持ち良さ、一発の快感で言えば、断然「SPEED Pro(18×20)」でした。

 

フラットドライブで直線的に打ち抜いた時のボールの伸びは凄まじく、重さを伴いながらも糸を引くように伸び続けて行きます。

 

正に18×20の打球感、正にツアーモデルというラケットですね。気持ちよい!

 

気持ち良さだけでラケット選ぶなら、きっと「これ(プロ)」にしてしまいますが、振れない場面では使いこなせないと思いますので、試合には勝てないかと思います。

 

そういう面で、SPEED MPの完成度の高さが光ります。Proと比べると打球感こそ少し軽く感じますが、面ブレもなく、スピンは良く掛かり全てのショットが打ち易いです。

 

プロとはバランスが違うので、打ち方やタイミングの取り方が同じという訳には行かないので、その当たりの調整は必要かと思いますし、好みもあるかなという感じです。

 

一方、Radical Proも気持ち良かったですが、縦長フェイスなので、丸いバボラに比べるとラケット横方向のスイートエリアが狭く、(ラケットが横向きになる)インパクト時に少しだけスイート下で打ちたい場合が難しかったですね。これはRadical MPも同じ。

 

Radical MPは更に「スピンの空回り感」と言いますか、若干ボールが抜ける感じ、球威が削がれる感じがありました。

 

という事で、100平方インチの振り抜きの悪さも感じないSPEEDシリーズが個人的には好みでした。

 

色々と打たせて頂きまして、ありがとうございました!(^^

 

 

テニスの上達を目指す

さて、どういうフォアハンドを打ちたいのかという試行錯誤期間も終わってきたので、次はしっかり打点に入って、安定的にラリーをする。その中で、イメージ通りにスイングするように完成度を高めて行く事を目標にしようかと思います。

 

特に、バックハンドを鍛えようかと思います!

 

まずは、フットワークを戻す所からスタートしなくてはいけませんので、またランニングなどを地味な軽トレーニングを再開していこうかと思います!(^^

 

 ラケットの状態

  • 2017 PureStrike(16/19)(張上日:5/5、使用回数:6回、累計時間:9.0h)
  • PureStrike Tour(18/20)(張上日:2/25、使用回数:4回、累計時間:6.0h)

 

まだギリギリ使えているのが、このまま使うとテニスの調子が下がってしまうので、もう張り替えの時期ですね。