「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

アクセルペダルカバーの「取付」と「取外」

街中でもヒール&トーがしたい

メガーヌR.S.のペダルレイアウトは右ハンドル車でも大変良く出来ていて、抜群に運転がし易いです。

 

直進時のシフトダウンではシンクロを労わるためにも「ダブルクラッチ」を活用していますが、開けた交差点などでスムーズにコーナーを曲がるために「ヒール&トー」を使いたい場面が時々出てきます。

 

しかし、「ノーマルモード」のまま「ヒール&トー」をする際にはブレーキとアクセルの段差が少し大き過ぎて、速度域の低い街中では「カックンブレーキ」になってしまいます・・・(^ー^;;

 

サーキットなど高速域からガツンとブレーキを踏み込んだ際に「丁度良い段差」になるセッティングのようですが、「ブレーキストローク量が大きい事」と「ブレーキの効き自体が抜群い良い事」が原因で、どうしてもブレーキを踏みすぎてしまってブレーキコントロールが出来ないのです!技術不足、下手なのです。

 

ノンブレーキサーボのミニ1000は思い切りブレーキを踏み込む必要があり、ミニで行う「ヒール&トー」の癖が原因の一つだとも思います。

 

 

アクセルペダルカバー

この未熟な運転技術を道具でカバーしようという安易な考えで、メガーヌRS乗りの方々のブログなどを参考にしてRAZOのPR81というアクセルペダルカバーなるものを購入してみました。

f:id:toshitama:20170625143501j:image

 

早速、小一時間かけて取り付けてみました。

f:id:toshitama:20170626134855j:image

デザインは全く好みではありませんが、普段見えないですし、これでヒール&トーが出来るならば万々歳です。

 

ちなみに、取説通りに(アクセルの左下とベースプレートの左下を合わせる感じで)装着すると予想以上にカサ上げされてしまいました。

 

こんなに上がっております・・・嫌な予感が・・・(^ー^;;

f:id:toshitama:20170626134935j:image

早速、近所を試運転しましたが・・・ まず、アクセルが高くてスネが痛いです。

 

さらに、ブレーキとの間隔も狭まり、何時もの感覚でブレーキを踏むと、スニーカーだとほんの少しアクセルにひっかかる事もあり、正直気になります。

 

そして、肝心のヒール&トーはと言うと・・・微妙です!?

 

今度はアクセルが高過ぎて余計ブレーキに力が入ります。全然改善されてません!

 

 

 

これはイカン!という事で数日後に取付直しを行いました。

 

先ずは、アクセルを踏み切った際のフロアとペダルの隙間が十分な事を確認した上で、取説にある一よりも全体的に下方向にアクセルカバーのベースプレートの取付位置を下げてみました。

f:id:toshitama:20170626134921j:image

僅かに下がりましたが、大きくは変わりません。

 

 

 

なので、再度取外し、付属の厚い両面テープを使用せず、手持ちの薄めのタイプを使用し、貼り付ける位置も工夫して、可能な限り低く、そしてブレーキペダルとの間隔も確保するようにセッティングを行いました。

 

これが精一杯の取り付けてす! 

f:id:toshitama:20170626135252j:image 

カバー全体が手前に降りてきてはいますが、あまり変わらない感じですね(^^;;

f:id:toshitama:20170626135053j:image

 

で、試運転をしてみましたが・・・やはりダメ!!!

 

という事で、数キロの試運転で撤去(取外し)してしまいました。

 

無駄になってしまいましたが、ずっと気になっていたアクセルカバー取付に対する「迷い」が無くなったので、良しとしましょう。

 

 

その後

さて、ノーマル状態に戻して運転してみたところ・・・メチャクチャ運転し易い!
※ヒール&トー以外の部分です。

 

「やっぱり、純正が一番!ノーマルが一番!さすがルノースポール、良く考えられているわ〜。」と、何ともおバカな感想が自分の口から出てきた事には驚きました。

 

と言う事で、純正状態で対応すべく、足を横に捻るような「ヒール&トー」ではなく、つま先の向きは変えずに足の外側をローリングさせてブリッピングするようにしてみたところ、これまでで一番ぎくしゃくせずにコーナリングできてしまいました。

 

と言っても、もの凄くゆっくりと減速して試しているので、これではヒール&トーをする意味がまるでありません。(ダブルクラッチで十分間に合います。)

 

もう少し現実的に使えるレベルまで練習したいなと思いますが、日常の街中運転では安全に練習する場面が少ないので、練習用にドライブにでも行きたい所です。

 

ちょっと当分そういう時間は作れそうにないので、のんびりと気長に練習しようかと思います!(^^