「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

2017 スクスク京都12歳以下(9歳11ヶ月)

秋の県大会前、最後の大会に参加してきました。

 

この前に別の2大会にエントリーしていたのですが、いずれも雨で中止になってしまいました。

 

更に、普段の練習もずっと雨で中止になっていて、ここ3週間はほぼテニスが出来ていません。

 

そんな「フィーリングが全く無くなってしまっている状態」でしたので、「実践練習(ポイント練習)」として試合に参加しました。 

 

結果

  • 予選1試合目:4-1 Won
  • 予選2試合目:4-3 Won

グループ2位で予選通過。

 

  • 1,2位トーナメント本戦
  • 1R(準決勝):2-6 Lost

準決勝敗退でした。

 

試合動画

youtu.be

本戦、予選2試合目、予選1試合目のハイライト(コート手前側のみ)です。

 

久しぶりのテニスだったこともあってか、良いプレーと悪いプレーの差が激しかったです。

 

振り返って

冒頭に書いたように「今の課題を試す実践練習の場」として参加しました。

 

予選

予選の2試合は

  • 久しぶりのテニスでフィーリングを戻す事に時間がかかった。
  • ストロークの成長(技術、パワー)に対して、頭の成長(活用)が追い付いていなかった。

そんな感じでした。

 

試合中にサーブとバックハンドがやや回復してきたので予選は何とか2試合とも勝てましたが、フォアハンドの出来は酷いままで終わりました。

 

しかし、結果としてまだまだ課題はクリア出来はしませんでしたが、最初から最後まで「やろうという意思と動き」が継続できていて、なかなか良かったのではないでしょうか。

 

かなり下手でしたが、現時点でのベストを尽くせたかなと思います!(^^

 

 

本戦

休憩を挟んだ本戦では最初から最後まで集中力と意思が弱く、「勝ちたい」という漠然とした欲だけで試合をしていました。

 

設定していた「実践練習の場」という意識が「ぽ〜〜〜ん」と頭の中から飛んでいっておりました・・・(^-^;;

 

今回設定していた課題のもう一つがこの「課題意識の継続」だったのですが、予選で満足してしまったのか、集中力を使い果たしたのか・・・残念ながら3試合目まで持続させる事が出来ませんでした。

 

ゲーム終盤、最後の最後で何とか集中力を高めようとしていましたが、対戦相手の女の子(優勝者)も試合慣れしていて強いタイプなので簡単にそうはさせてくれませんでした。

 

ここは引き続きチャレンジしていかねばなりません!(^^

 

 8月のJOPで乗り越え始めた「壁」ですが、ここ2大会は苦戦しております。

 

しかし、「高い壁」なのでそう簡単に乗り換えられるものでもありませんし、まだまだ経験とチャレンジが必要です。

 

そう、単純に時間が経てば乗り越えられるものではありません、あくまで「本気のチャレンジ」が不可欠です。

 

悔しがって、傷ついて、そして手応えを得て・・・。

 

ここさえ超えてしまえばガラッと視界が変わり、安定的に勝てるようになってくるはずなので、もう一踏ん張り頑張って欲しいなと思います!(^^