「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

スクスク大阪(12歳以下・イエローボール)/10歳0ヶ月

2週連続で台風が襲来したりと、なかなかテニスが出来ておりませんでしたが大会に参加してきました。

 

試合結果

【予選】

  • 1試合目:4-3 Won
  • 2試合目:1-4 Lost

グループ2位で予選通過。

 

【本戦】

  • 1R:3-6 Lost

ベスト8で敗退。

 

 

振り返って

さて、今回の最大のテーマは相手が強くても、自分の調子が悪くても、どんな状況になったとして「諦めず、イライラせず、焦らず、緊張せず、油断せず」といったメンタル系のものでした。

 

結果としては3試合とも集中力を維持し、テーマをクリアし、試合を楽しむ事が出来ていた思います!(^^

 

【試合内容】

1試合目はフィニッシュの精度が悪くゲームは落としていましたが、基本的に自分からの展開が作れており良い内容でした。

 

2試合目の対戦相手(今大会の優勝者)は一見トリッキーな感じなのですが、やたらとタッチが良く打ちたい所に軽々とボールを配給する事ができ、浅いチャンスボール、緩いチャンスボールにもめっぽう強く、プレッシャーなどを感じずサクサクとエースを決める事のできる珍しいタイプの選手でした。

 

結果論的には作戦を間違えてしまい一方的にやられてしまいましたが、何度か攻め切ったポイントパターンを軸にやっていればもう少し競れた可能性があったかもしれません。

 

ただし、初対戦から数ゲームでその展開にもって行くにはかなりの「分析力」が必要ですし、ここは沢山の経験が必要な部分かなと思います。

 

3試合目はフットワークも良いオールラウンドのテニスが出来る好選手でした。

 

1学年上(5年生)だったようですが身長差も大きく無く、ショットスキルも似ており、非常に引き締まって噛み合った好ゲームだったと思います。

 

序盤の2ゲームをノーアドで両方とも落として0-2ダウンとなってしまいましたが、内容自体は良かったです。

 

そこからギアも上げ3-3まで追いつきましたが、ここからフィニッシュを何本か外したりとゲームを獲れずに敗戦となりました。

 

内容的は互角で1〜2ポイントが入っていたら逆の結果になっていたような感じでしたので、強い相手に対してもベストを尽くせたのでは無いでしょうか。

 

このような選手とテニスできる機会は年に数回しかありませんが、もっと沢山あればな〜と、そんな欲張りな気持ちになったりもしました。

 

 

試合内容を見ても、難易度の高いショットを試し始めていてジャストアウトが何ポイントもありましたが、やりたい展開は作れているのであれが入り始めてくれば今落としている(40−40など)ゲームが楽に取れてくると思います。

 

勿論、今はまだ技術不足で安定的には入らないのですが、そこを練習して行けば確実に強くなっていくでしょう。

 

また、全体的な練習不足(運動不足)でフィジカル的にも弱いので、そこも少し補えれば面白いなと思っています。

 

というように、現時点での完成度は相当に低いのですが、やるべき事、やりたい事が明確になっているので、そこをコツコツとやっていきたいですね。

 

 

 

問題は・・・練習時間の確保(捻出)ですね・・(^-^;;

 

息子自身がやりたい事が多過ぎて、止めたくないものばかりで。

 

更に私はキャンプの代わりに「釣り」を再開させようかと考えていたり。子供達もかなり乗り気になっていたり。

 

子供達が愛猫(るー)と戯れる時間もたっぷりとってあげないといけませんし。

 

大好きな読書タイムも必要ですし。

 

何もせずぼ〜〜〜っとする時間も大好きですし。

 

ほんと、1日36時間くらいあればな〜と思ってしまいますね・・・(^^;;

 

 

と言ったところで24時間しかありませんので、本当に全部やりたければ何かしらの工夫をして時間を捻出するか、制限のある中でどれだけ楽しめるかに拘ったり、もしくは何かを捨てて何かに比重を置くようにするか。

 

なので、大会に出れば何かしらの小さな目標や課題を持つように工夫して欲しいですし、普段の練習にもそういう気持ちと態度で臨んで欲しいです。

 

気を抜く時は抜く、入れる時は入れる、このメリハリです。

 

この辺りを親子で模索していってみようと思います!(^^