「原点」と「頂点」

私と息子のテニスレッスン日記が中心です。あと、子育ての事、キャンプの事、そして車(メガーヌR.S. CUP-S、ミニ ジョン・クーパー1000)の事も時々。

テニスレッスン303回目(フォアハンド肩の開きに注意)

中上級 AMコーチ 参加者:7名

 

ぎっくり腰も治りましたので、しっかりラケットを振ってみました。

 

フォアハンド

フォアハンドを打つ際に肩の開きを抑制するように注意したところ、上手くボールを捕らえる事が出来ました。

 

良くなった要因として「ボールとの距離を確保出来た事」「下半身と上半身に最適な捻りが生まれた事」だと思います。

 

距離を作る事でラケットヘッドを立てながら加速させながらボールをヒット出来るので、無理無くスピンが掛けられます。

 

一方、捻りの効果で腕のスイングパワーに頼らずともボールが飛ばせるので、オーバースイングにならずにコントロールする事が出来ます。

 

凄く単純で基本的な事なのですが、知らず知らずの内にフォームは崩れてきているので、セルフチェックする習慣とその精度を高める必要がありますね。

 

 

 

おまけ

さて、気が付けば年の瀬ですね。

 

2017年の前半は自問自答の繰り返しで苦しい時期が多かったのですが、後半は熟考の末の判断を行動に移した事によって状況が好転してきたように思います。

 

2018年もこれまで以上にチャレンジ要素が多くなり、色々な壁が立ちはだかる事が確実視されていますが、ビジョンが描けるだけに楽しみが勝っています(^^

 

このブログで深い部分を書く事は出来ません(しません)でしたが「自問自答するきっかけ作り」として自分なりには有効活用して来ました。

 

その結果、時間は掛かりましたが「見えなかったもの(見たかったもの)」が「見える」ようになりました。

 

その領域においては実行フェーズに入れますので、思考(自問自答)は次のフェーズに移行させるタイミングになりました。

 

なので私のテニス系の記録は一旦打ち切り、息子のテニス日記も子育て系の特記のみに移行させようかと思っています。

 

ブログは思考と共に振り返るのに便利なツールなので、次のフェーズに関連する何か別のモノを自分に分かるような形で書くかもしれませんが、今時点では何も計画はありません。

 

頭をスッキリした状態で年末年始を迎えられるというのは幸いな事ですので、年末にゆ〜っくりし、何かアイデアが浮かべばそれに従おうかと思います!(^^